本文へスキップ

理学療法士と作業療法士の検索サイト

療法士のキャリアアップをサポートします。

Reサーチのコンセプト

「Reサーチ」の患者様向けパンフレット(PDF)

「Reサーチ」の療法士向けパンフレット(PDF)

患者さんにとって、より良いリハビリを受けるための手助けになるツールを目指しています。

療法士にとっては、キャリアアップの手助けになるツールを目指しています。
若い世代の療法士には、自分の成長に合わせて、Reサーチの情報もupdateし、「経験の多い部位」や「対応できる疾患」を徐々に増やしていって欲しいです。
経験豊富な療法士は、自分の技術をアピールして、より多くの患者さんを治して欲しいです。

       

ごあいさつ

整形外科医から

「リハビリの大切さ」
 私は、兵庫県明石市にある大久保病院で整形外科医として働いています。その中で日々感じるのは「リハビリ」の大切さです。人は加齢や運動不足によって筋力の低下、関節可動域の制限、姿勢の変化などを生じます。これらが、身体のバランスを乱し、健康だったはずの腰や関節などに無理をかけ痛みを生じさせます。また、スポーツ障害のほとんどが身体のメンテナンス不足により、運動に必要な筋力が不足したり、筋肉が硬くなることで、関節に負担がかかり痛みが生じます。このような身体のバランスの乱れ(機能障害と呼んでいます)を整え、痛みのない自然な身体に戻すための方法がリハビリなのです。

「整形外科の現状」
 外来を受診するほとんどの患者さんが、このような身体の問題(機能障害)を抱えています。しかし、多くの整形外科医はレントゲンなどの画像所見を重要視するあまりに、機能障害を見落としがちです。そして、レントゲンで異常がないと「問題なし」と診断され、機能障害は治療されずに痛み止めだけ処方されて終わりになる場合が多いと思います。これでは、症状はすっきり治りません。もしくは、レントゲン写真で「加齢による変化」がある場合「歳のせい」にされてしまうことも多いのではないのでしょうか。確かに、画像上の「加齢による変化」を治すのは難しいですが、機能障害はリハビリで治すことができます。そして、多くの痛みは良くなるのです。

「リハビリ受診システムの限界」
 このように、リハビリを受ければ治るはずの多くの患者さんが、リハビリまでたどり着かずに「レントゲンでは異常がないからしょうがない...」「歳だからしょうがない...」「使いすぎたからしょうがない...」など、現状で諦めてしまっています。
 これは、医師がリハビリを処方するという、現在のリハビリ受診システムに限界があるのかもしれません。

「医師主導型から患者主導型へ」
 今後「リハの力」を社会に認知してもらうために、療法士は医師や患者さんに対して、自身の専門性や技術をアピールすることが求められます。そこで、「Reサーチ」を利用して療法士が自分の経験や技術をアピールし、それを必要をしている患者さんと繋がって欲しいと考えています。また、医師は療法士と患者さんを繋げる「架け橋」になって欲しいと思っています。

「療法士のメリット」
 「Reサーチ」を作ったもう一つの理由は、療法士が自分の経験を生かすことのできる、やり甲斐のある環境を作りたかったからです。療法士は感心するほど勉強熱心です。毎週のように週末は勉強会・研修会が開催されています。自分の知識と技術を高めて患者さんに喜んでもらうためです。そして、それぞれの療法士には経験を積んだ領域があり、その領域を極めるために日々努力をしています。しかし現状では、その技術を生かせている療法士は一握りです。なぜなら、患者さんの多くは、医師の評判で病院を受診することがあっても、療法士の評判で受診することは少ないからです。そこで、自分の技術をもっとアピールでき、それを必要としている患者さんが集まってくる環境ができれば、療法士にとっても努力が報われ、やり甲斐のある環境になるのではないでしょうか。

「整形外科医のメリット」
 自分の病院でリハビリを受けていた患者さんが、遠方へ引っ越しされる場合や、遠方の患者さんが、手術だけ自分の病院で受けて、地元でリハビリの継続を希望される場合など、今後のリハビリを安心して任すことのできる療法士を探すのは容易ではありません。特に、専門的なリハビリを必要とする患者さんの場合は困ってしまいます。そこで、「Reサーチ」を活用して知らない土地の、信頼できる療法士と繋がって欲しいと考えています。
 さらに、「Reサーチ」は疲弊した整形外科医を助ける鍵になるかもしれません。現在の高齢化社会では整形外科的問題をかかえる患者さんであふれています。そして、ほとんどの整形外科医は画像所見に頼った診断と治療に限界を感じているはずです。「Reサーチ」が整形外科医と療法士の架け橋となり、整形外科領域がもっと機能的診断・治療のサポートを受けられれば、限界を感じている整形外科医にとって大きな助けとなるはずです。 

 「Reサーチ」が、患者さんと療法士、そして整形外科医の助けになり、そして、幸せな気持ちが拡がれば、これほど嬉しいことはありません。

特定医療法人誠仁会 大久保病院
整形外科
立原 久義
ホームページ:肩と肘とスポーツの整形外科Virtual Clinic


理学療法士から

 インターネットが普及した現在、高齢者の方でもインターネットの情報を元に、来院される方を目にします。患者さんとの会話で、「こんな近くに、リハビリを受けられる病院があるのは知らなかった。」「こんなにしっかりとしたリハビリを受けたのは初めてです。もっと早く知っていれば良かったのに、これまで苦労してきました。」など、来ていただいて良かったと思える反面、当院・当科の情報がもっと多くの皆さんに知っていただいていたら良かったのにと思うことも度々あります。これは私に限らず、多くのセラピストも思っていることではないでしょうか。こういった、ミスマッチの解消や、より良い医療の提供に役立つツールが「Reサーチ」です。患者さんにとっては、より多くの情報を得られると共に、病院単位ではなく個人単位でセラピストを選ぶことができるのは、納得したリハビリ、最良の医療を享受することになるのではないでしょうか。また、セラピストにとっても選ばれる喜びと充実感、責任感につながり、質の高い治療・リハビリを提供することになるものと確信しています。
 そう遠くない未来、より良い質の高い医療・リハビリを提供するだけの時代から、双方向性に選択する時代になるのではないでしょうか。それに役立つツールとして「Reサーチ」を活用していただきたいと思います。

特定医療法人誠仁会 大久保病院
リハビリ科
山本 昌樹

information新着情報

2017年3月14日
「動画ライブラリー」に「インソールの為のテーピング講座 ~その3 回外+外旋タイプ~」をアップしました。
2017年3月8日
「動画ライブラリー」に「インソールの為のテーピング講座 ~その2 回内タイプ~」をアップしました。
2017年2月21日
「動画ライブラリー」に「インソールの為のテーピング講座 ~その1 回外タイプ~」をアップしました。
2016年12月2日
立ち上げキャンペーンを開始しました。先着300名に限り、登録・掲載・コンテンツ利用料が、通常月額180円のところ、永久無料です。
登録希望の療法士の方は、お問い合わせフォームに必要事項を記入して送信してください。
大久保病院

Hospital information病院情報

特定医療法人誠仁会 大久保病院合同会社ショアメディカル

〒 674-0051
兵庫県明石市大久保町大窪 2095-1

TEL. 078-935-2563
FAX. 078-935-2566
ホームページ. http://www.seijinkai.or.jp/okubo/


ナビゲーション